本家シリーズの動作環境

スタンドアロン版

周辺機器等上記OSに対応した、本体に接続可能なディスプレイ・マウス・キーボード・プリンター・日本語変換システム
※プリンターに関しては、下記の「プリンター」欄をご参照ください。

本体/OS インテル Pentium 4 3GHz以上(推奨:インテル Core2 Duo 2GHz 以上)または同等の互換プロセッサを搭載した日本語OSの 32ビット版(x86) または 64ビット版(x64):
Windows 10、Windows 8、Windows 7、Windows Vista Service Pack 2 以降が稼働するコンピューター
メモリー Windows 10 :1GB 以上 (推奨:2GB以上)
Windows 8 :1GB 以上 (推奨:2GB以上)
Windows 7 :1GB 以上 (推奨:2GB以上)
Windows Vista :1GB 以上 (推奨:2GB以上)
解像度 1,024×768以上を推奨
データベース SQL Server 2008 R2 Express Edition 32ビット版(x86)
SQL Server 2008 Express Edition Service Pack 2 以降 32ビット版(x86)
SQL Server 2005 Express Edition Service Pack 4 以降 32ビット版(x86)
本製品では、SQL Server 2008 R2 Express Edition をインストールすることができます。
※1データベース領域として、最大10GBまで使用できます。(SQL Server 2008 Express Edition・SQL Server 2005 Express Edition の場合は、最大4GBまで使用できます。)
※本製品のデータベースとして、SQL Server 2008 R2、SQL Server 2008 および SQL Server 2005 の上位エディションを使用される場合は、 SQL Server の1クライアントライセンスが消費されますのでご注意ください。
※SQL Serverのインストールには、Microsoft Internet Explorer 6 SP1 以降のバージョンが必要です。
必要なソフトウェア Internet Explorer 7 以降
Windows Installer 4.5 以降
.NET Framework 3.5 Service Pack 1
※上記のソフトウェアがインストールされていない場合は、本製品を正常にセットアップできません。
※本製品には、 Windows Installer 4.5 がDVD-ROM内に収録されています。インストールされていない場合は、こちらをご利用ください。
※本製品には、.NET Framework 3.5 Service Pack 1 がプログラムDVD内に収録されています。インストールされていない場合は、奉行製品のセットアップ時に自動的にインストールが開始されます。
ハードディスク 1.4GB以上必要(データは除く)
ディスクドライブ DVD-ROM ドライブが必要
プリンター

Windows Vista/7/8/10/で使用可能なプリンタ

※製品により、単票式の専用用紙や連続式の専用用紙を用意しているものがあります。その用紙を使用する場合には、対応プリンターが異なりますので、ご注意ください。詳しくは、弊社までお問い合わせください。

【レーザープリンターについて】
※B4サイズ以上に対応したプリンターを推奨。
※専用用紙を使用する場合は、単票式の専用用紙が必要です。また、製品によっては、B4サイズの単票式の専用用紙を用意している場合があります。その専用用紙を使用する場合は、B4サイズ以上に対応したプリンターが必要です。

【ドットプリンターについて】
※連続式の専用用紙に印刷するには、以下の内容が必要です。
1. 15インチの連続用紙が印刷できるドットプリンター。
2. プリンタードライバーまたはOSの設定で、余白の範囲を0.00cmまで指定できるプリンター。
3. OSの設定で、「サーバーのプロパティ」に使用する専用用紙のサイズの「新しい用紙」を作成できるプリンター。
4. 「トラクタフィーダ」または「プッシュトラクタ」が必要です。

サーバー版

本体/OS インテル Core2 Duo 2GHz以上(推奨:インテル Xeon 5300番台 以上)または同等の互換プロセッサを搭載した日本語OSの 32ビット版(x86) または 64ビット版(x64):Windows Server 2012 R2、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008 Service Pack 2、Windows Server 2003 R2 Service Pack 2、Windows Server 2003 Service Pack 2 以降が稼動するコンピューター
メモリー 1.5GB 以上(推奨:4GB以上)
解像度 1,024×768以上を推奨
データベース SQL Server 2012 64ビット版(x64)
SQL Server 2008 R2 32ビット版(x86) または 64ビット版(x64)
SQL Server 2008 Service Pack 2 以降 32ビット版(x86) または 64ビット版(x64)
SQL Server 2005 Service Pack 4 以降 32ビット版(x86) または 64ビット版(x64)
※64ビット版のIA64には対応しておりません。
※対応エディションは、Enterprise、Standard、Workgroup の各エディションです。
※SQL Serverのインストールには、Microsoft Internet Explorer 6 SP1以降のバージョンが必要です。
必要なソフトウェア Windows Installer 4.5 以降
.NET Framework 3.5 Service Pack 1
※上記のソフトウェアがインストールされていない場合は、本製品を正常にセットアップできません。
ディスクドライブ DVD-ROM ドライブが必要
周辺機器等 上記OSに対応した、本体に接続可能なディスプレイ・マウス・キーボード・日本語変換システム
プリンター

Windows 2003Server,Windows 2008Server,Windows 2008R2Server,Windows 2012Serverで使用可能なプリンタ
※製品により、単票式の専用用紙や連続式の専用用紙を用意しているものがあります。その用紙を使用する場合には、対応プリンターが異なりますので、ご注意ください。詳しくは、弊社までお問い合わせください。

【レーザープリンターについて】
※B4サイズ以上に対応したプリンターを推奨。
※専用用紙を使用する場合は、単票式の専用用紙が必要です。また、製品によっては、B4サイズの単票式の専用用紙を用意している場合があります。その専用用紙を使用する場合は、B4サイズ以上に対応したプリンターが必要です。

《ご注意》

※本製品にはInternetExplorer6.0(ServicePack1以降)が別途必要です。
→製品CDに、InternetExplorer6.0(ServicePack1)が収録されています。

※ネットワーク版(サーバー)はMicrosoft SQL Server2005(又は2008)が別途必要です。

※スタンドアロン版はMicrosoft SQL Server2008と互換性のあるMicrosoft SQLServer2008 ExpressEdition を採用しています。

クラウド環境

下記ベンダーでの動作確認済みとなります。

本家シリーズの対応OS

OS名 対応バージョン
Microsoft® Windows® 10 本家シリーズVer.6.3000以降
Microsoft® Windows® Server 2012 本家シリーズVer.6.12.05以降
Microsoft® Windows® 8 本家シリーズVer.6.12.05以降
Microsoft® Windows® Server 2008(R2) 本家シリーズVer.2(Ver2.7)以降
Microsoft® Windows® Server 2003 アイキューブ原価1.90.20以降
及び本家シリーズVer.1以降
Microsoft® Windows®7 本家シリーズVer.3(Ver.3.5) 以降
Microsoft® Windows®Vista 本家シリーズVer.2以降
Microsoft®SQLserver 対応バージョン
SQLserver2000 本家Ver.2まで対応
SQLserver2005 本家Ver.1.70以降
SQLserver2008 本家Ver.3.00以降
SQLserver2008R2 本家Ver.4.33以降
SQLserver2012(Service Pack 1まで) 本家Ver.5.04以降
奉行シリーズ 対応バージョン
奉行21Ver.2、3 本家Ver.1のみ
奉行21Ver.4 本家Ver.2、3
奉行21Ver.5 本家Ver.2、3、4、5
奉行i 本家Ver.3(Ver.3.5以降)及び本家Ver.4、5
奉行i8 本家Ver5.4以降
奉行i10 本家Ver6.32以降 ※ERP連携オプションは未対応

《製品共通注意事項》

「アイキューブ原価シリーズ」で処理中にスタンバイモード・休止モードを実行するとエラーになることがあります。処理中にはスタンバイ・休止を行わないようご注意ください。
上記は製品ごとに確認したバージョンを表記しています。 ご使用の製品のバージョンを確認するには、アイキューブ原価シリーズ製品を起動後、[ヘルプ] – [バージョン情報]メニューを選択してください。現在の製品バージョンが表示されます。
ご使用の「製品バージョン」をアップするには保守契約が必要です。
記載内容は予告なく変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

お問い合わせからご導入まで

様々なユーザー様のご要望にあわせて、多数の帳票サンプルをご用意しております。
導入事前打合せから導入指導までトータル提案・サポート可能です。
詳細はお問い合わせください。