Web本家

本家Web版最終損益予測システム

Webオプションは、「現場からダイレクトに日報・勤怠を入力したい」、「遠隔の現場からも現場の状況をリアルな状態で把握したい」、「事務所に戻ってからのデータを入力する手間を省きたい」、「各部署間とのデータ連携の強化を図りたい」といったご要望のお応えするために、Webブラウザから入力、参照可能なオプションをご用意しました。本家Webオプションは既存環境を活かしつつ、機能面・運用面で部分的にWeb化する業務を選択できるサービスであり、それにより自社要件に合った業務最適化とコスト削減を具体的に実現します。従来の本家シリーズには搭載されていなかった機能をWeb版で最大限可能にした次世代の原価管理システムです。

本家Web版特徴

インターネット接続のみで利用可能

インターネットを利用できるPCさえあれば、どこからでも訳データを入力できます。
現場・出先からの入力が可能になるので勤怠、日報、工事台帳の確認など本社に戻らず入力、参照が可能になります。
IDとパスワード認証により機密性の確保が可能です。

遠隔地拠点から入力したデータを本社で一元管理

遠隔地拠点から入力されたデータは、すべて本社のサーバーで一元管理されます。
入力されたデータは、リアルタイムに反映されて参照が可能となっており、遠隔地拠点と本社でタイムラグの無い業務を実現します。

容易なソフトメンテナンス

従来バージョンアップや機能改正版のご利用にはサーバー機、各PCへのインストールが必須でしたが、Web版でのメンテナンスはサーバー機のみ、各クライアントPCへのインストールは不要になります。

各部門間の転記集計ミスの排除

営業部、工事部、経理部など各部門ごとに管理していた現場別・業者別管理のExcelシートの転記作業も無くなり、どの部署でもいつでも今の情報をダイレクトに授受できるようになります。
情報のスムーズな部門間移行と情報もリアルタイム化、現場の「見える化」が実現します。

本家Web版業務フロー

本家データ業務フロー

ネットワークイメージ

ネットワークイメージ

本家Web版機能

Web日報入力

現場から即時入力が可能に。現場での竣工状況や日々の勤怠状況をリアルタイムに把握し「現場の今がわかる」を強力にサポート。長期の現場からもリアルタイムにデータが入力され予算対比も瞬時に反映、問題工事も早期解決に寄与します。

発注稟議書

クライアントサーバーモデルで実現できなかった稟議書作成が可能になります。損益報告書に計上される現時点での発注額と請求額の対比、取極め外請求額の把握をもとに、業者の選定・取極め額の精査を行い根拠ある稟議書を作成し正確な予実管理を実現。発注業務をより簡略化し、現場のコスト意識の向上と確実な現場利益の確保に貢献します。

現場損益報告書

従来の予測機能をさらに拡充した損益予測システム機能。「現場の最終過不足/最終利益を事前に掴んでおきたい」を実現しました。施行計画時点で予定発注額からの現場利益の予測、施行途中の取極め外支払予測額を計上し現場の原価を逃すことなく、最終損益予測を行います。現況を認知したうえで、今後の発注額の再考を促し根拠ある稟議書提出に連結、当初の利益確保へ誘導します。

電子受発注システム

協力業者との受発注データのやり取りを実現。データの共有化と入玉業務の負荷を軽減し、収入印紙のコスト削減にもつながります。

Web入力イメージ

現場損益報告書

発注稟議書