入金支払本家

工事などで外注業者との取引が多い建設業にとっては、外注先に支払うべき費用の管理をしっかりすることも利益アップの大きなポイント。そこで入金支払本家には、発注支払に関する様々な機能を充実させました。注文書発行時の取り決め事項入力や、査定入力、立替、保留金、支払通知書、銀行振込一覧表まで、煩雑な処理の一切を効率化します。

【発注伺い・発注書】業者への発注書を作成します。

 発注書入力

POINT
  • ・予算から業者の明細を発注書に参照読み込み可能です。
  • ・単価契約に対応しています。
  • ・部門ごとに発注書を発行可能です。(部門住所で発行されます)
  • ・発注書単位で安全協力会費の既定パターンからの変更可能です。
  • ・発注書単位で支払方法を既定パターンから変更可能です。
  • ・発注書単位で保留金%の設定が可能です。
  • ・発注書承認機能
  • ・立替分の発注入力可能 →立替先業者入力により立替入力へ参照 読込可能です。
  • ・支払条件を規定パターンから変更可能です。

 発注書出力

POINT
  • ・発注書、発注書控、注文請書、請求書一括作成可能です。(任意で選択)
  • ・注文請書に印紙配付欄と印紙額を表示します。
  • ・業者発注書範囲設定後一括出力可能です。

POINT
  • ・注文時の取り決め事項や査定を入力することで、
    多様な外注先との取引条件でも支払状況を一括管理します。
  • ・発注を管理することで過払い、取極め外がチェックでき利益アップにつながります。

発注残管理帳票

発注残管理帳票で業者からの請求明細の確認、取極外などの明細確認を行うことにより、支払の過払防止が徹底されます。

【業者別発注一覧表・工事別発注一覧表】

【外注査定・支払】 業者からの請求書受付、および外注査定を行います。

POINT
  • ・取り決めのものは発注書から参照コピーし請求書を登録します。
  • ・予算―発注―支払の業務が一元化され、全てデータ参照可能になります。
  • ・外注業者が多く発注・請求書ベースでの原価管理を行う会社様の業務にマッチします。

【支払請求入力】

すべての業者からの請求書を入力します。外注査定する・しないの指定も可能です。請求入力のデータはリアルタイムに原価帳票へ反映され、予算残・支払残帳票から現場利益を把握できます。

POINT
  • ・現場―業者ごとに予算・発注・請求・契約回収の流れが月別で把握可能です。
  • ・予算残額、発注算額、支払残額、月別売上、月別回収額、回収残額の全て把握可能です。
  • ・今までエクセルで管理していたシートは不要です。

【予算実績推移表】

【支払管理】 業者への支払額を算出します。

支払データとして日報、納品請求書データが期間により上がった注文金額、当月出来高を確認しながら、査定金額を確定できます。確定額に対して、保留金、協力会費を自動計算し、相殺等を入力すれば個々の支払条件に従い自動で振り分けします。

【支払確定入力】

POINT
  • ・協力会費自動計算、保留金自動計算、発注書単位での支払条件反映、立替金処理を自動で集計します。
  • ・値引き、相殺額を入力すれば支払条件に従い自動で振り分けします。
  • ・確定処理を行うと通知書も自動作成、支払伝票も自動登録されます。

【支払通知書】 支払通知書を発行します。

POINT
  • ・支払通知書が発行できます。
  • ・保留金、立替、協力会費の明細も確認することができます。

多様な管理帳票自動作成

POINT
  • ・業者への支払残を見る帳票です。
  • ・現場別支払状況も切り替えて確認できます。

【業者別支払残高一覧表】

POINT
  • ・業者への支払予定が最小5日単位で管理できます。
  • ・入金本家の「入金予定表」と照らし合わせ、資金繰り対策としてご利用頂けます。

【支払予定表】

売上・入金管理

売上・請求・入金・売掛等企業の収入の源を正確に一括管理。

POINT
  • ・発注元管理表の出力で工事現場別での売上入金状況も一目瞭然。
  • ・経理担当悩みの種の未収金に関する問題も解決できます。
  • ・利益状況を明らかにするために重要な現場利益の関連データ。
  • ・売上状況、入金状況における利益管理を回収までフル・カバーできます。
  • ・売上伝票、入金伝票で作成したデータを会計ソフトに反映することが可能です。
    経理処理まで無駄なくデータを生かします。

【売上伝票入力】

事前に登録しておいた支給項目にそって入力していくだけの簡単な入力形式となっています。

【入金伝票入力】

【発注元管理表】

POINT
  • ・発注元別-現場別に現在の売上と入金状況を把握できます。
  • ・現場の原価も集計するので現場の利益状況までワンクリックで把握可能です。

【未収入金リスト】

POINT
  • ・会社として売上を計上し、請求書も発行済みであるが、現時点で未収金として残っている明細を集計します。
  • ・売上伝票、入金伝票さえ入力していれば少額工事や、雑工事が多くあっても回収漏れは発生しなくなります。

【入金予定表】

POINT
  • ・受注案件も多く会社利益はアップ予定であっても業者への立替払いが先行する場合も多く、その時重要になってくるのは入金の予定を管理した資金繰りではないでしょうか。