アイキューブの日

建設原価管理ソフト「本家」シリーズが「NEOREKAクラウド」に対応

Web本家

サキヨミ予測オプションがパワーアップ

勤怠打刻オプション

資金繰り予測オプション

導入実績一覧を見る

林業
三次地方森林組合

原価管理システムをベースにプラン・見積作成を
強力に支援する「攻めの林業」のための新システム

広島県北部の三次市を中心とした森林約5.3万haの維持管理を行なう三次地方森林組合が、「アイキューブ本家シリーズ」を導入したのは15年ほど前。
間伐や作業道開設など造林作業の原価管理をシステム化したことで、現場ごとの利益が明確になり、運営の健全性をさらに高めた。
その導入効果を、同組合参事の貞廣和則氏は「すべての現場担当者にコスト意識が根づき、自由競争時代にも対応できる組織力がついた」と評価する。
そして、2022年4月には現在の森林組合のメイン事業モデルである「提案型集約化施業」を効率的に推進する新機能を追加した。
一元化されたデータの有効活用で、より迅速で効率的な見積・提案書作成が可能となり、事業完了まで高い透明性が確保できる新たな支援システム導入について、その狙いと効果のほどをうかがってみた。

もっと見る

舗装・一般土木・一般建築
山菊開発株式会社

日報入力で原価管理ができるのが魅力
日報も標準化され、キャパシティも増える

山菊開発株式会社は、栃木県を中心に事業展開する総合建築業。
主に舗装工事を得意とし、公共工事から民間事業まで手がけ、同分野では県内1、2を争う成長企業だ。
同社は設立以来手書きによる伝票管理を行ってきたが、原価管理を確実なものとするため導入したのが「アイキューブ原価管理」だった。

もっと見る