生産性向上IT導入支援事業

Web本家


中小企業経営強化税制について

サキヨミ予測オプションがパワーアップ

導入実績一覧を見る

総合建設業
株式会社建新

現場・経理・経営を連携するシステムソフト導入で
日々の原価意識向上と社内業務効率化を実現

平成11年に宅地造成を手がける土木会社として設立され、その後、土地の購入から造成の企画・設計、土木工事から建売住宅の建築まで一貫施工を行う建新。横須賀、湘南エリアをメインに事業展開するため、傾斜地や崖地というクセのある用地造成を得意とし、土木と建築を一貫して手がけるため、通常なら10棟しか建築できない土地に11棟を建てるという設計力とトータルコスト低減で、神奈川県南東部から横浜エリアを中心に、昨年は約130棟の供給実績を誇る中堅デベロッパーとして存在感を発揮している。

「アイキューブ本家シリーズ」導入以前は、原価管理、見積、経理とソフトウエアがリンクしておらず、工事終了後の利益確定まで工程ごとの原価が非常に把握しにくかったという。代表取締役大口隆弘氏と設計部取締役部長鈴木好智氏にお話をうかがってみた。

もっと見る

総合建設業(マンション建築・管理)
東洋建設株式会社

発注・請求・支払のシームレスな連携と
予算推移実績の活用で原価管理にかかるパワーを軽減

大阪府を中心に、奈良、神戸、京都、滋賀と近畿一円で新築マンションの設計・施工を手がける東洋建設。
オーナーの土地活用から、マンション経営や資産管理までをコンサルティングするエステート部門を併せもつのが特徴で、物件引渡後もトータル管理を含めたマンション提案で、毎年20棟前後の着工実績をもつ。
近年の介護需要を背景に、特養施設や介護付きマンションの実績も好調。商業施設等の一般建築とあわせて常時30~40物件が稼働中という同社。
経理、購買、物件管理の各部門で活用されている「アイキューブ本家シリーズ」への感想を、管理部係長の安藤武氏に伺った。

もっと見る